2007年11月4日日曜日

アレクザンダーラファエルアンドレボリスゴルバチョフマルコビッチ


本日のランチ Santana RowにあるPizza Antica  の
サラダ:Chopped Salad with Wine Cured Salami, Sundried Tomato,Avocado and Red Wine Vinaigrette   
ピザ1枚目:Tomato Sauce, Roasted Garlic, Oregano and Extra Virgin Olive Oil
ピザ2枚目:Spicy Fennel Sausage, Portobello Mushroom and Roasted Onion

久々にお洒落なSantana RowでMさんとランチ。パリパリのピザとサラダ。やっぱりイタリアンは美味しいねえ~。
サラダの中に入っていたSundried Tomatoがなんとも言えないアクセントになっていて、ドレッシングも甘くない(アメリカのドレッシングは甘いのが多いの)爽やかな味。う~ん。幸せ!


















たまにSantana Rowに来てオサレな雑貨屋さんや洋服屋さんを覗くと大変刺激になります。車で10分やそこらで着くのにね。
H&Mがオープンしていたから早速Mさんとチェック!セレクトショップの様な落ち着いた色合いとデザインの服が 並んでいる。ところが値段ときたら、まるでTarget価格(ばかみたいに安いということです)。
先週オープンということもあり、平日なのに店内は混雑していました。
レジは長蛇の列。

本日のSantana Row(写真)。








この車かっこいい!





















そして前からも一枚。う~ん。後姿の方がかっこいいな。








話は突然飛びます。
水・木通っているAdult SchoolはMountain View市とPalo Alto市の共同で運営されているのですが、やはりStanford大学のお膝元だからでしょうか、クラスメートの中には華麗な学歴・職歴の方々がごそごそいらっしゃるわけです。

”石を投げれば博士(Doctor)に当たる”です。

密かに私が”ゴルバチョフ”と呼んでいる体格の良いお爺さんは ”核燃料”が専門だったそうです。チェルノブイリ原発関係者とのこと。

”マルコビッチ”と密かに呼んでいるシニアの方は経済学の元教授。モーレツな早口で訛りの強い英語を話すので、何が何だか聞き取れません。

肉まん大国出身のシニアの方は元文学者。古文が専門とのことです。彼は同じこのAdult Schoolで中国語の講座を受け持っています。マルコビッチとは対照的に、ゆっくり落ち着いた話ぶりの学者肌の方です。

Conversation Classは滞在の長いシニアの方の参加が多く、その結果平均年齢が高いのですが、同時にIQも高いと感じます。国籍で肉まん大国人の次に多いのがピロシキ皇国出身のかたがたです。他にポーランド・ブルガリア・ルーマニア・ドイツ・フランス・ブラジル・イスラエル・イラン・肉まん大国・寿司小国・・・。

ピロシキ皇国出身の皆さんは自己主張が強く、自信にあふれている様に見えます。毎回新聞記事を選び、読み、その内容に関して討議するのですが、その際に躊躇せずに意見をバシバシ言います。

離婚率が高い国No.1は確かピロシキ皇国で、次のNo.2が米国・・・。なるほど判るような気がします。”お国柄”と一言で片付けてしまえば簡単だけどね~。

2 件のコメント:

Sママ さんのコメント...

私も一緒に連れてって~~!!

chietako さんのコメント...

Sママさま
もちろんいいですよん。
いつ行きます?
金曜日?
H&Mは色合いがSちゃんが好きそうな落ち着いた黒・グレー・茶系が主流です。Great MallにもH&Mアウトレットがオープンするそうです。