2018年1月9日火曜日

手抜き料理バンザイ!ビッグなUncle John登場

12月後半は多忙を極め、お客様に手料理を振る舞う余裕がなかった不良婆は、"お寿司をとる"という卑怯な手を…。 (厳密には出前ではなく、事前に注文したのを受け取りに行く…という 要するにTOGOですな)

EAT24、DOORDASH、UBER EATS他を利用するという手もあったなあ。。。


ピンチョス(オリーブ、チーズ、生ハム他)、生春巻き、から揚げ等は作りましたが、追い詰められた時には握り寿司で逃げましょう。へへへ。
Uncle Johnは喜んでくださいました。
おまかせ握り寿司by Hiroさん@Sushi Kai サンキュー!美味しかったよお!!



LAから立ち寄って下さったUncle JohnとYさん。
LA天然息子が結婚したおかげで増えた親戚です。(*´∀`*)

アイルランド系アメリカ人のJohnさんは、平日はシリコンバレーで働き、週末Yさんの待つLAへ帰るというハードな生活を続けているのだとか。 愛があるから大丈夫⁉
一郎爺も寿司小国人としては大柄な方ですが、Johnさんは二回りくらい大きいの。 
そして、饒舌でお酒も大好きなんだよ!(やっぱりアイルランド系だねっ)
シャンペン、日本酒、さらには赤ワイン、、、そしてお喋りに夜は更けていきました。
楽しかったーっ!




『ひとりで食事をしてはいけません』という名言を生み出した我が姉(血はつながっていない)Nagiba姐さん。

『すんばらしい物を作ったから、いらっしゃい』とな。

我がエジプトと寿司小国の食事の融合だとおっしゃる。

ん?なんじゃ、この黒いケーキは? 悪い予感がするぞ。


黒パンが三層、その間にクリームチーズとサーモンの刺身、いくらのトッピング

∑(゜)//おったまげー!


Out‐of‐the-boxというか、独創的というか、、、’
黒パンと鮭の刺身は合わんだろうがー! 
クリームチーズとイクラああああ?

固まってしまった不良婆は、世界平和、いや、エジプトを我が寿司小国の友好関係を悪化させないための、外交的な対応をしました。 

お、おお、イッツデデデデリシャス、、、(;´゚Д゚)ゞ

『次は雲丹を使ったメニューを考え中だから、新鮮な雲丹をUoichiさんに注文しておいてくれ』とな。
どんなメニューが出来上がるんだろう…。
Santa Barbaraの雲丹は、約200グラムで60ドル。
黒パンはやめてけれ~。せめてパスタと合わせて~。

写真は大晦日『餅つき&年越しそば食べたい会?』のために用意した雲丹とイクラです(from Uoichiさん)






毎年31日は夕方から皆さんぼちぼちと集まり、お餅を丸めてお蕎麦を食べながら賑やかに過ごします。
手作りのどぶろくが最高でした! 

Haleh Pastryのケーキ他 美味しい~

紅白歌合戦を見ながら…(写ってない人々が!)




アメリカでは2日から仕事ですので、ρ(・・、)お休みだったのは元旦のみでした。
御節料理をお願いしておいて良かったー。
手抜き万歳!

おせちfrom Mame Kitchen  のぶ子さんありがとうー!



ロンドン留学中のS氏と年末年始ヨーロッパ旅行中のアメリカンサイズ姉ちゃん

シアトル&ポートランドでバケーション中のLA天然息子夫婦

*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。それぞれ幸せなお正月を迎えられたようで良かったです。

2017年12月23日土曜日

2017 Santa Run デブサンタ婆走る



参加費はSan Jose Downtownの”Chiristmas in the Park”運営費に使われます。

今年からGoogleがスポンサーです。




昨年よりも体重が2キロオーバー、、、はあ、はあ、、、
5キロ完走するのもやっとです。
もうタイムなんかどうでもいいです。

5年前の2012年Santa Runに参加した時のブログ ⇒ ぽち


ピンクパンチ―がキュート!
笑顔が素敵なオニイサンは、走るとすんごく速かったよ! 多分16分台じゃないかな?

自転車に乗った”グリンチ”を追いかけて走ります。



2016年の様子です。

3秒の動画です。ジョギングのペースで走ります。



太ってしまった訳は、膝の故障で数か月間テニスをしていない事。
ジョギングも当初の目標『一年で1000キロ走る』目標には届きそうにもありません。

900キロちょっと




そして、忘年会やらクリスマスぱーちーやらで食べすぎているから。

お呼ばれして、食べないなんて失礼ですもんね。へへ。

Sさん宅の忘年会

大吟醸をぐびぐび飲んじゃいましたっ ぷはーっ
Sさん手作りアイシングクッキー






ロシア人Zhannaの家にお呼ばれ。
Mountain ViewのSylvan Ave.にあります。
ダウンタウンにも近くて、Hwy101,85,237の入り口にも直ぐという最高のロケーション。


 天井に大きな明り取り窓があるので、明るくて広々としたリビングダイニング。



なんとここ、Mobile Homeなんです。
Sunset Estate Mobile Home Park という55+のシニアの為のモバイルホーム。


アメリカでMobile Homeというと、貧困層が住む治安のよくない住宅地という固定観念があるけど、住宅の足りないシリコンバレーでは若干事情が違うみたいです。

350,000ドルですって! 安っ! モバイルホームだから土地代は含まれない訳だけど…。







こちらSunnyvaleの一軒家。
2,000,000ドル超えてますが、プール無し。
アメリカンスタンダードで”普通のお家”です。

こんな風にお鍋とフライパンを掛けてみたいなあ~


だけど、こんな大きな家は我々には必要ないです。







今住んでる家を貸して、モバイルホームに移ろうか…。
家賃収入で暮らせるんでないかい? ねえ。