2008年1月24日木曜日

アメリカという国の現実 

ここのところ雨が続くカリフォルニア。
”雨”を想定した街づくりになっていないから、少しまとまった雨が降ると道路には水が溜まり、建物は雨漏りし、川はあふれ、崖は崩れる。

今朝のGuadalupe River。
いつもは水がほんの少ししかないのだが、今朝の水は濁っていて水位もかなり高い。


















アメリカという国の現実:『避難訓練といえば…。』

日本では避難訓練といえば地震や火事等の災害時に建物から落ち着いて順序よく外へ避難する(Evacuation Drill)と決まっている。

アメリカではFire Drill等のEvacuation Drillと同様に、Emergency Lock Out Drillというのが行われる。
銃などの武器を携帯した人が建物内に乱入した場合に建物に隠れ、落ち着いて対処するための訓練で、警察が付近で捜査中の時にも行われることがある。










学校に容疑者等が乱入してきた場合の手順は、教室の:
 ①ドアをロックする 
 ②窓を閉める 
 ③カーテンを閉める 
 ④電気を消す 
 ⑤携帯電話の電源を切る 
 ⑥ドアから一番はなれた角っこに集まり、声を出さないように隠れている

”おならブー”をしたら見つかって殺されるかもしれないので気をつけよう。



アメリカという国の現実:『スピード違反でおまわりさんに捕まったら…。』











スピード違反でパトカーに止められたとしよう。

①まず両手をハンドルに置いて待つ。あなたの手がダッシュボードや座席下でごそごそ怪しい動きをしているのを見つけられたら、正当防衛で撃たれる危険がある。銃社会のアメリカでは、おまわりさんも命がけである。ダッシュボードの中の『小梅ちゃん』や『いちごみるく』は我慢すること。

②たかがスピード違反や一時停止不履行でも、車の中でけっこう待たされる。車のナンバープレートから登録者、免許証から犯罪暦等を調べているから。

③決して おまわりさんに反抗的な態度や言葉で接してはいけない。内心”ふざけんなよ!”と思っても、”へへ~い、(低頭)まことに申し訳ございませんお代官様~”という化けの皮をかぶり、動揺と反省の涙を溜め、少しでも罰金をおまけしてもらおう。おまわりさんも人間だから。

5 件のコメント:

muffin さんのコメント...

chietakoちゃん、お元気でしたか?!!
久々にお邪魔しました。
まぁ、ほんとに、12月に入ってから おじいさんが具合が悪くなって、入院して、暮れには葬式かと思いましたが、なんとか命は持ちこし、1月も半月ほどぶらぶらと遊んでいましたが、最近は やっと 働くようになりました。
ってことで、私は 必然的に百姓をやらなきゃいけなくなったわけです。
毎日、毎日、ウルトラマンの予定にそい、大根を播きに行くと言えば、すぐにスタンバイしないといけなくなりました。
最近は、家に居ることが多いので、ストレスが溜まる、溜まる。 なんつうか、悩みができると、家に居てばかりだと 気持ちの切り替えが難しいもんですな。だから やっぱり いくら 専業主婦でも 外に出て気分転換を十分にしないといけませんね。

3月には戻ってくるの?
楽しみにしてるんだけど。
御曹司は、12月に戻ってこられて、鮨屋さんで撮った写真だけは見せてもらいました。
なんか、おとなっぽくなってた。

chietako さんのコメント...

muffinさま
おじいさん入院されたんですか。大変でしたね。muffinちゃん、かなりストレスが溜まっていらっしゃる様子ですな。自由な時間と空間が無いという閉塞感でしょうか?3月後半には1年ぶりに日本の空気を吸えそうです。そのときにはたっぷりと愚痴を聞いてあげますから。変な宗教には入らないようにね。

Sママ さんのコメント...

もしかして、ちえたこさん捕まったの??

chietako さんのコメント...

Sママさま
ふっふっふっ…。
奇跡的にまだ捕まってはおりませぬ。
毎日シリコンバレーの端から端までカッ飛んでおりますが、なんとかおまわりさんのお世話にはならずにすんでいます。ラッキー!

知り合いの大勢が捕まる経験をしておりまして、彼らから聞いた話をまとめました。

”安全運転”と常に自分に言い聞かせていないと、際限なく攻撃的な運転になってしまいますので、本能との戦いです。

Sママ さんのコメント...

いやぁ、てっきり・・・(笑)

うちが住んでた頃よく言われたんです
一度捕まると近いうちにもう一度捕まる・・・って
そんなジンクスあるらしいんですよ

うちの旦那さん1週間に2回捕まったもん(笑)