2012年4月13日金曜日

Kochtopus:アメリカの政治経済界を支配する悪の皇帝Koch Brothers



業務連絡:やっとNike Fuel Bandが手に入った。来週から出荷するど。







Farmer's Marketの花屋さん
Farmer’s Market(Mountain View)のきのこ屋さんで『NAMEKOなめこ』ゲット。
1パック3ドル50なり。
下からなめこ、ケール、葉付き人参、スイスチャード
なめこ味噌汁の美味しいことと言ったら!わーいヾ(´ρ`)ノ゛

今日は売り切れちゃってたけれど、ここ朝一番で行けば“見た目の悪いUgly Shiitakeシイタケお買い得セット”も売っている。


ローカルな店で普段の食料品はなんとかなるので、寿司極小国系食料品店にはあまり足を運ばない不良おばちゃん。だけど、たまに“らっきょう”とか“福神漬”とか“新鮮なゆでタコ”を買いにMarukaiとかNijiyaをぷーらぷらする。

”タコ”は肉まん大国系/キムチ帝国系スーパーにも置いてあるが、何度か買って失敗したので、寿司極小国系で買うことにしている。
タコに関してはちょいとうるさいんだ。





だけど、Octopusオクトパスは好きだがKochtopusコクトパスは大っ嫌いだ。Hate them!



本日は真面目なお話。

Kochtopus(Koch Brothersのニックネーム。ネットワークがタコの触手のようだから)の悪事の数々について。

以前このブログで『F××k Koch Brothers!!』と落書きしたかった理由を書こうと思う。





この国の保守主義運動の黒幕に大富豪Koch Brothersコーク兄弟がいる。コカコーラのcokeコークと同じ発音。

彼らはLibertarianリバタリアン(市場至上主義者)で、底なし資金を背景にティーパーティ運動の影のスポンサーになっている。リバタリアン。似ているけどベジタリアンじゃないよ。


Koch Industriesコーク・インダストリーを経営するこの兄弟は、それぞれForbesフォーブス2011年度世界の大富豪ランキングの12位に入る大富豪である。ふたり合わせると3位となり、Wallen Buffetウォーレン・バフェットを抜き、Bill Gatesビル・ゲイツの次となる。Koch Industriesは60カ国に約7万人の社員を有する世界最大級の株式非公開の巨大複合企業。石油パイプラインや石油精製工場・化学製品・エネルギー関連企業他を有する。 身近なところでは、Brownyペーパータオル、Dixieペーパーカップ/プレート、Quilted Northern やAngel Softトイレットペーパー、Stainmasterカーペット等を所有する。



総資産が$50billionというから、先日買って外れたMega Million宝くじが当たったとして$65million・・・などと大騒ぎしている自分がありんこのように思えてくる。牛丼何杯分? 因みにソフトバンクの孫さんは7.2B で127位とのこと。 


約2年前、The New Yorker誌のJane Mayer女史が発表した記事により、影でこの国、いや世界を操っていたKoch Brothersの陰謀の一部始終が暴かれることとなった。
The billionaire brothers who are waging a war against Obama

エーゴのクラスで、この記事を読まされた不良おばちゃんは、初めてそのときにKochtopusという食べられないタコの存在を知ったのだ。



そして、先月『Koch Brother Exposed』という映画がDVDで公開された。以下はYoutubeの予告編である。



Koch Brothers Exposed:オフイシャルウェブサイト

DVDが回ってきたので観たのだが、背筋が寒くなったよ。
なるべく多くの人に観てもらいたいものである。




Al Jazeeraが制作したYoutubeビデオ




個人の生活への政府よる介入を極力嫌うKochtopusの主張はこうだ。

☆我々は自由だ!連邦政府よるSocial Security社会保障制度は最低限でいい。失業者や低所得者は人生の敗北者なのであーる。Jungle Law 弱肉強食!

☆公的医療保険は最低限でいい。高齢者や子供?知ったことか。病気になったら自分でなんとかしろ。支払いが困難な場合は医療は受けられない。だって生存競争だから。

☆自由市場主義!政府によるRegulation規制や介入は撤廃するべき。環境規制には断固反対。徹底的に低い個人と法人税率、特に自分達富裕層への税率を徹底的に下げろ。

☆公立学校は必要ない。むしろ教育は個人の自由だから政府はでしゃばるな。学費を払って選んだ私立学校へ行けばいい。学費の払えない家庭の子供は自分達でなんとかしろ。






Kochtopusは様々な組織や研究機関、政治家や科学者を買収し、その触手で操る。 自分達の利権のために、人々を洗脳し、賄賂で操作し、法律を破る。

目下の目的はオバマ大統領再選の阻止。




以下はKochtopusが影で操る悪事の一部

★自治体の事実上乗っ取り
Kochの手先であるWisconsinウィスコンシン州Walker知事は、財政赤字を理由に公務員の労働組合のCollecting Barganing Rights 団体交渉権を剥奪しようとした。抗議活動により、Walkerは現在リコールされる一歩手前である。
Kochはアメリカ全域でこうした反組合・反労働者法案に多額の資金をつぎ込んでいる。
Youtube:Koch Brothers Behind WI Governor Walker's Union Busting

David KochのふりをしたIan Murphyがかけた電話にすっかりだまされたWalkerが、20分間に渡り偽Kochに逐一現状報告する様子が笑える。
Youtube:Governor Walker and Koch brother phonecall


★地球温暖化や環境汚染の捏造
地球温暖化は一部の科学者のでっち上げであるとするレポートを、買収した科学者や研究機関に捏造させ、さらには環境汚染を訴える科学者や機関へ圧力をかけて排除しようとしている。なぜならKoch Industriesが環境破壊をしている張本人だから。
Green Peaceの記事:Koch Brothers Exposed: Fueling Climate Denial and Privatizing Democracy


★環境汚染
Koch Industriesの子会社Georgia Pacificの工場からたれ流されている汚水と大気汚染により、住民達が健康を害し亡くなっているにもかかわらず、金で買われた政治家は何もしようとしない。
Youtube EXPOSED: Koch Industries and Cancer Risk


★教育機関の買収
Florida State Universityを初めとする公立大学を事実上買収。
Juan Cole The Koch Brothers and the End of State Universities

6 Universities With Far-Right Academic Centers Funded by Koch Industries
 
さらにはWake County,North Carolina教育委員会の乗っ取りと学区の人種再隔離政策を進めようとしている。最終目的は公立学校の廃止。
Youtube:Why do the Koch brothers want to end public education?






やれDemocracy民主主義だ、Free自由だ、Equal平等だと持て囃さされるこの国アメリカ。

中身はKoch Brothersに代表される大富豪/大企業に金で買われており、民主主義なんて名前だけ・・・。
1%に富は集中し、支配される99%は不公平感と差別に怒りをOccupy Wall Street ウォール街占拠運動デモにぶつける。



Koch製品のボイコット運動が起きているらしい。
トイレットペーパーやペーパーカップ、ペーパータオルをボイコットしたくらいではびくともしないと思うが、何もしないよりもマシかもしれないなあ・・・。

おしりは”葉っぱ”で拭こう。



この国に住むようになって、トイレットペーパーやティシュペーパーの値段が高いことに驚いた。そして、リサイクルペーパーがあまり普及していないことにも。この背景にはKochtopusがいるのか?





2010年のCitizens United v. Federal Election Commission(Super PACの誕生)ではっきりしたことは、連邦最高裁(司法)でさえも金で買われてしまったということ。

はあ。どうやらこの国はDark Ages暗黒世界に入ったらしい。


 『NAMEKOなめこ』買って喜んでいる場合ではない。




 
 
 
 

それでもHBOドキュメンタリー 『CitizenU.S.A.:A 50 State Road Trip
に描かれているように、世界各国から様々な理由から、自由の国アメリカ/アメリカンンドリームを目指して人々はこの国へ押しかける。

彼らは♪I am glad to be American~♪と歌いながら星条旗を家の前に掲げて合衆国市民になったことの喜びを涙を流してあらわす。



さらには肉まん大国やキムチ帝国からは、富豪が金でInvestor VISA( EB-5 )を手に入れ、その後Green Cardを取得し祖国を捨てて米国へ移住してくる。

San Jose Mercury New記事:Wealthy Chinese seek special visas to relocate to Bay Area



タコの触手が待っているのに、、、。










付録:

以下、巨大企業が牛耳るアメリカの現実を描いた、不良おばちゃんお勧め映画やドキュメンタリー。
『Hot Coffee』 
HBOドキュメンタリー。企業に有利なように法律を変更?いったい人のための正義はどこに、、、。

『Food Inc.フードインク』 
子育て中の人々に観て欲しい映画。不良おばちゃんはこの映画を観た後、暫くの間 が食べられなかった。現在は大丈夫だ。あ、大丈夫じゃないのかも、、、。

『Capitalism: A love story キャピタリズム~マネーは踊る~』Michael Mooreマイケル・ムーア監督 

『SiCKOシッコ』マイケル・ムーア監督 

『Inside Job』 

0 件のコメント: