2009年1月4日日曜日

人情にむせび泣く正月

こちらでもNHKニュースや紅白歌合戦などがテレビで見れるので、録画して懐かしく見ました。
しかし、芸能人が誰が誰なんだか判らず、2008年の出来事などを見ても、なんだか遠い国の出来事の様に思えます。ふーん。こいつらがR子ちゃんの言っていた”羞恥心”かあ・・・。



アタシが知人達に送った2008年のクリスマスカードの文言の抜粋:


『日本からの情報はインターネットに頼るのみです。流行やヒット曲、芸能人の名前も知らない浦島太郎子となっております。雑誌・食べ物・CD/DVD等、日本からのものは何でも大歓迎です。差し入れをお待ちしています!』


この文言に反応してくれたのか、よほど可哀相に思ってくれたのか、友人達から国際郵便で”差し入れ”が届きます。

寿司小国でも楽しむことの出来なかった高級な日本茶や和菓子、出汁醤油、雑誌、CD、おかき・・・。<(_ _*)> 


送料や送る手間を考えると皆様のお気持ちが有り難くて有り難くて感涙にむせいでおります。


さらには”何がいい?何か送るよ。”との有り難きメールの数々。ありがたき幸せ。

なんて良い人たちなんだーっ!


『送らなくていいから寿司小国に帰った時、接待してくれー。』と返答しております。

そのお気持ちだけで暖かい気持ちになれる正月でした。感謝です。遠かった寿司小国が急に近づいた気がします。ども!







p.s. 人間って不可思議でわがままな生き物だとおもうんだけど、この辺では絶対に食べられないものが食べたくなるのね。

例えばもんじゃ焼き、明石のたこやき、とんこつラーメン、関鯵の刺身、ちゃんこ鍋、駅弁・・・。キリが無いわあ。