2007年8月16日木曜日

ピンポーン!ちょうど宅急便を待っていたので、確かめもせずにドアを開けちゃった。でも違った。誰?誰だこの髭のおじさん?オーマイゴッド!!新聞の勧誘?宗教?押し売りか??

新聞は日曜日だけですが購読してます。料金はまだ支払っていません!

宗教は・・・都合良くクリスマスにはキリスト教、お正月には神道です。幼稚園は仏教。大學はカトリックでした。すいませんっ!

パンツのゴムは・・・ゴムが切れたら捨てますのでいりません!

このアパートの敷地は一応Gated(住民以外は入れないように塀が巡らされている)なんだけど、時々こういう人が来るらしい。
かなり年輩の白いお髭のおじさんは怪しい人には見えない。
聞けば、ボランティアでMissing Children捜索の資金集めをしているらしい(少なくともそう聞こえた。)
早口で喋るからエーゴを聞き取るので必死だよ。

大勢のMissing Childrenの写真と名前・消息不明になった日付と場所が載ったフライヤーを配って寄付を集めているんだそうな。

こういう悲しいお話に弱いわたし・・・。

Missing Childrenと聞いただけで北朝鮮に拉致された横田めぐみさんのご両親のことが脳裏によぎる(おおお・・・涙)。

もうこの時点で財布の紐は緩んでいる訳だ。
おじさんは更にたたみ掛けるようにクーポンの本を出して見せて、「10ドル以上寄付してくれたら、このクーポンブックを差し上げます。ファーストフードのクーポンが沢山入ってるから、この一冊で200ドル以上の値打ちはある。」ときたもんだ!!

わたしがクーポン大好き人間なのを見破ったか!

ミッシングチルドレン+ボランティア+クーポンブック=YES!! 降参だよ、おじさん!
「財布を取ってくるから待っててけろ」となる。
10ドル以上…っていうことは10ドルでもいいっていうことだよな。

「ごくろうさま。Have a nice day!」

10ドルでゲットしたクーポン本。中身を見たら こりゃびっくり!使えそうなクーポンがどっさりあるよ。写真はクーポンブック(左下)と新聞に入っているもろもろクーポン。

よ~く考えたら わたしの財布にはもともと”紐”はついていなかった。

ジッパーだった。

2 件のコメント:

muffin さんのコメント...

お久しぶりです!!!!
昨日 感動のAir Mail が届きました!!! やぁ、Air Mailなんて 超海外の匂いのするものが届くなんて こりゃ 本荘さんが送ってくれるっきゃないからね~!
感動だよ、感動。
しかも 詳細に色々と書かれていて 楽しく拝見しました。詩織にも 「こんなカッコイイ友達がいるんだ!!」と自慢しました。
ありがとうございました。私も 送ってみたいな。 近藤さんに教わってair mail送ろうかな~~!
やぁ、ホント 航空便だかなんだかわからないのですが、海を渡って 遠くから来たんだなぁ。感激。PCデスクの前に飾っておこう。

ところで、そのオジサン やっぱり怪しくないですか? これはしめしめと またやってきますよ!!きっと。 日本人のご婦人は とても情が深く 落としやすいってのが、もっぱらボランティアさんの評判なのかも知れないですよ。
心配だなぁ。今度来たら そのオジサンの後をおっかけましょうや。

chietako さんのコメント...

muffinちゃん
Air Mailでこんなに感動してくれるなら、いくらでも送ってあげますよ。

先月から数枚づつ日本の皆様に転居通知のハガキを印刷し送っているのですが、画像データを間違って全部消してしまいました。頭のネジが緩んでいるらしいです。とほほ…。
muffinちゃんの所に届いたハガキは幻のハガキとなってしまいました。

ちえたこ