2009年7月4日土曜日

Ohmygod,ohmygod,oooohmygoooood!!! オーマイゴッドオーマイゴッドオーーマイゴーッド!!!

その日はとても暑い日だったので実は泳ぎたかったのだが、この時間帯のプールは”としまえんの流れるプール”みたいに子供が多いので、まっすぐ泳ぐこともままならない。

激混みのsycamoreプールを横目で見ながらfitness roomでステッパーを踏む。


よいしょっ よいしょっ うんとこしょ どっこいしょ・・・。

隣では顔見知りのおばちゃんが汗みどろで、 『あんた、resistance 20でやってんの?スゴイねえ。アタシなんか1でもゼイゼイだよ。』           
説明しよう。resistance 20とは、ステッパーに掛ける負荷のことである。resistance0~20まで選択できるのである。


おばさん=メグ・ライアン似+20歳+40キロ  
この体重だとしんどいだろうに・・・。

アタシ:『うん。ステッパー30分踏んだら次は走るよ。よいしょ。昨夜、仲間と変なアメリカ人8人で寿司小国レストランへ行って食べ過ぎたから運動しなくちゃいけないんだ。どっこいしょ。サニーベールの六甲っていうレストラン知ってる?はあはあ。』















写真:最後に注文したレインボーロール。この様に美しく”巻き巻き”するコツは何だろうか・・・。



メグ・ライアン似おばちゃん:『え?あんたって寿司小国人だったの?』 

アタシ:『そうだよ・・・。はあ。』




なんだか目の前のプールの向こう岸が騒然としている。

誰かが叫んでいる。

どうしたんだろう・・・。

fitness roomに全力疾走で駆け込んできて、奥のrental officeへと走り去る白い水着のお兄さん。


『A girl drowned and she's not breathing! 女の子が溺れたんだっ!息をしていないっ。』

奥のrental officeから血相を変えて飛び出してくるスキンヘッドの従業員と金髪の従業員お姉さん。

周りの人々が必死に人工呼吸をしているのがこちらから見える。

あんなに大勢の人がプールにいたのに、溺れるなんて・・・。ど、どういうこと?
















巨大メグ・ライアンおばさん: 『Ohmygod,ohmygod,oooohmygod!』

















2-3分後にAmbulance救急車が到着。














『Ohmygod ohmygod ohmygod・・・。』

ohmygodの連呼。

我々は、ただ見守ることしかできない。

オーマイゴッド、オーマイゴッド。。。


プール近くで見守っていた別のお兄さんが戻ってきて: 『She's gonna be OK. She regained consciousness. 大丈夫みたいだ。意識が戻った。』



ステッパーの2人揃って:『Oooooooohmygod!!』
















救急隊員の他に警察官も大勢駆けつけて10名以上に。

2ブロック先(いつもアタシがオレンジを頂くオレンジ畑の向こう側)に消防署があるのでアクションが早い。

女の子はその場で検査の後、帰宅が許されたそうである。

ああ、良かったあ、”ohmygod”のお祈りが届いたのだろうか。

水の事故の恐ろしさを痛感した日だった。





その晩のおかずはこちら。
















”鯵のひらき”とシシャモをプールサイドのグリルで焼く。















『Ohmygod!』 シシャモさんが金網のスキマから下へ落ちてしまった。
メグ・ライアンおばちゃんのOhmygodがうつった・・・。

4 件のコメント:

ayako さんのコメント...

あわわ・・・シカモアのプールで大変なことが起きたんですね!!
でも助かってよかったです。

私は、今は、お金払って泳いでます。
泳ぎ放題、(魚)焼き放題、うらやましいです〜〜。

chietako さんのコメント...

Ayakoさま
週末バーベキューするからおいでよ!

ayako さんのコメント...

行きたいですっ!!

chietako さんのコメント...

Ayakoさま
SFOまでお出迎えに行くよ。
何時の便?ヽ(^◇^*)/