2016年9月24日土曜日

不良おばちゃんのアブノーマルな日常


今年のハロウィーン・デコレーションは、8歳のE嬢に屋外・屋内共お任せしました。(というか、全面的に丸投げです)

さすがお子様。 発想力と独創性に富んでいます。

張りぼてのカラスが植木の上に。
プラスチックの黒い蜘蛛が色々な場所に置かれ、屋外だけかと思っていたら 洗面所の端っこにもいて 『ヒョエー、こんな場所に蜘蛛があああっ!』と、エキサイティングな事になっております。
イースターエッグじゃないんですから・・・。 ははは。

玄関前のお墓


『もっと飾りたい~!』とE嬢。 

💀ガイコツとお墓と魔女とおばけちゃんがもっと欲しいとのことです。
了解。 たくさん仕入れてくるから、来年もよろしくね。







ハロウィーン繋がりですが、ジョギングで通りがかったGreat America。
究極の季節労働者を募集してまして、思わず足を止めて真剣に考えました。 
ゾンビ役かあ。
時給は?
老婆役とゾンビ役は素顔のままでオッケー!
お化け採用します


Great Americaは9月22日から10月30日の間、Halloween HAUNT ハロウィーンお化け屋敷となります。
金土日の夜間のみ営業という徹底ぶりです。









ColdplayのA Head full of Dreams Tourへ、お隣のLevi's Stadiumに行ってまいりました。

Coldplayを生で聞けるなんて!ヾ(≧∇≦*)/ 生きてて良かった!


大奮発して2階席のチケットを買っちゃいました。(座席は4階まであります)
どうせなら一階席にしなさいよ~小市民 ゚(゚ノ´Д`゚)ノ゚
Coldplayと印字してあります

会場では、こんなものが各自に配られました。 
リストバンドだそうですが、いったい何をするものでしょう?

写真を送り、P氏、Yちゃん、A氏、Mちゃん、K氏のご意見を集約しました。

☆レーザービームが出る装置である
☆煙・催眠ガスが出る
☆コンサート中に寝ていたら、電気ショックで起こされる
☆スピーカーである
☆抽選で何かが当たると知らせてくれる
☆ラーメンが出来たら知らせてくれる装置である
☆ベープマットが入っている(虫よけ)
☆通信機器である
☆仁丹を入れる容器である。正露丸も入る。(仁丹ってまだ売ってるのかな?梅ぼし味の仁丹ってあったよね)

さあ、何だろうねえ。。。
 
video
               
iPhone5で撮りました

謎のリストバンドはLEDライトでしたのよ~、奥さん。
どこかでコントロールされているのでしょう。
音に合わせて光り方や色が変わります。
Xyloband というモノだそうです。  詳細はこちら ⇒ ぽちっ

6万人超の手首が一斉に光るので、一体感・臨場感がすごい。 幻想的ともいえます。

なにしろ ナマChris Martinですからっ!ヽ(*゚∀゚)ノ きゃーっ






UP&UPのPVが一番好き。




一郎爺は翌日リストバンドを分解してましたよ。 元祖オタク、、、やると思ったよ。


チケットが200ドル以上(一枚)したので、当分の間はお遊びなし。 バナナと芋の食事だな。

だけど、行って良かったー。♪ヽ(*゚∀゚)ノ

2016年9月10日土曜日

プチ・マツコの避暑2016 番外編 ダークサイドとの闘い・ヨセミテ山のクマの餌にしちゃうよっ!

テレビCMの撮影が終わったとかで、天然息子がプチ・マツコ婆の誕生日を祝いにLAから車を転がしてやってきました。 残念ながら、カノジョのY子ちゃんはビザの更新の為に日本に帰国中です。



大自然を愛してやまない婆さんの為に、Lake TahoeかMt.Shastaにでも行く?
婆さんは足元がふらふらしているので、トレッキングが必要な場所へは行けません。

結局、車で大自然を体験できるYosemiteに連れて行ってあげることに。
天然息子もプチ・マツコ婆さんも2度目です。
我々は毎年行ってますね~。 またかい・・・。 
去年のヨセミテ ⇒ ポチ


慣れ親しんだヨセミテの宿泊施設が、分けがわからない名前に変更されてました。

Majestic Yosemite Hotel マジェスティックヨセミテホテル って? The Ahwahnee Hotelの事?
Half Dome Village ハーフドームビレッジ なんだそれ?

なぜこんなことに? 詳細はこちら ⇒ ポチ


説明しよう。
2016年3月より、Yosemite National Parkの運営会社が変わりました。
国立公園って民間会社で運営されていたんですねー。
Delaware Northという会社から、Yosemite Hospitality, LLC(Aramarkの子会社)へ移行。
(入札でoutbitされ、どうもそのいきさつが不透明なだったらしいです。)

Delaware Northは、同社が所有する「Trademark商標」の使用権$50 million を国立公園局に請求。 国立公園局は、支払わずに施設の運営を当面続けていくために、施設名を変更するという苦肉の策を。
商標権訴訟の決着がつくまではこの名称でいくそうです。



要するに、
Delaware North側: ”わが社が所有する名称を今後も使いたければ、$50 million払って。”

国立公園側: $50 millionだ?そんな法外なお金は払わないっぺー! 訴えてやるっ。 $3.5millionいまけて。 

みたいな感じ? 


すべては金?

先住民族アワニチ族The Ahwahnee の名前を返してー。
一日も早く、元の名称に戻ることを切望します。






もっと早くから計画できれば良かったのですが、8月3週目はピーク時期ですので、4人が一緒に泊まれる部屋が国立公園内に見つかるでしょうか。 

Curry Village いやHalf Dome Villageに一部屋見つかりました。 あのテント村です。
ベッドは備わっているけれど、壁と天井はテント布。 お手洗いも共同。 
うーむ、82歳のプチ・マツコには ちょっと厳しいかなあ。
 
とりあえず一部屋確保して、キャンセル待ちをします。
一週間前なら全額戻ってくるので・・・。
このサイトから予約します ⇒ ポチ
頻繁にこのサイトをチェックします。

5日前になってYosemite Lodge Yosemite Valley Lodgeにキャンセルが出ました。
やったー!
The Ahwahnee The Majestic Yosemite Hotelにも空きがでましたが、お気に入りYosemite Lodgeの方がが良いです。
ただ、一週間前を過ぎてるので、キャンセル料が取られてしまいますね。
一応電話して聞いてみましょう。 
訳を言ったらキャンセル料は取られず、Curry VillageからYosemite Lodgeへ予約の変更が出来ました。 よかったー。





Yosemiteの手前のJamestownに立ち寄ることに。 
ゴールドラッシュ時代の建物が残されていて、タイムスリップしたような雰囲気です。

Goldを横取りした人(?)がぶら下がってます

金を採る体験Gold Panningが出来るそうです
観光客相手(?)の骨董屋さんが並び、”ガラクタと骨董品の線引きが微妙な品物”が並んでいます。



評判の良いワイナリー Gianelli Vineyardsのテイスティングルームがありました。 
Napaのお城みたいなぼったくりワイナリーと違い、たったの5ドルで5種類のテイスティングが出来て、一本でもお買い上げするとテイスティング料が帳消し。 まあ良心的だわあ。 

先は長い。 ここで酔い潰れる訳にはいかないので、涙をのんでスルーしました。







標高8,600feetのTuolumne Meadowsを流れるTuolumne Riverまでやって来ました。 
冷やっこい雪解け水と湧き水が美味しいこと! 



大勢の人が、トレッキングを楽しんでいます。 釣りをしている親子も。
高原なので空気が澄んでいて爽やか。
一日中歩きたいですねえ。

でも、プチ・マツコ婆さんが疲れている様子ですので、早くお宿に急がねば。
『ヨセミテってこんなに遠かったかしら?』と文句を言い始めています。

元々空気が読めない上に、年々性格がきつくなっています。 ( `o´ )大変です、、、ふう。


毎年恒例の”手のひらダンス”
エルキャピタン様がいつもと変わらぬお姿で迎えてくれます。 ずどーん、ずどどーーーん。




さあ、ロッジにチェックインします。
階段の昇り降りをしたくない婆さんのために、一階のお部屋をお願いして。

2年前に婆さんが泊まった建物はトレッキング道に面していましたが、今回は反対側の車道に近い位置です。 婆さんは、それが気に入りません。 

『車の音がうるさいし、ここだと鹿が来ないわね。』
2年前は鹿が来てくれたっけね。


やっと取れたお部屋なので、我慢してください。 ( `o´ )


1部屋しか取れなかったので、ダブルベッド×2に4人で雑魚寝。

『狭いわね』

(`Δ´)いらっ。 ですからー、やっと取れたお部屋なので、お願いですから我慢してくださーい。








翌日の朝食は 恒例のThe Ahwahnee 訂正Majestic Yosemite Hotel へ。
2年前に感激したホテルに、また戻って来れて良かったねえ、婆さん。
写真はお借りしました。

ショックです。 
食器が!あの”アワニー印の食器”が全てなくなって、無機質な白い食器が使われております。 

写真はお借りしました
Delaware NorthAhwahnee の食器パターンの copyright著作権まで 持って行ってしまったんですね。 小さめで丸っこいぽてっとした、味わいのある食器だったんです。 ああ、がっかり。









気を取り直してGracier Pointまでドライブ。




プチ・マツコ婆さんは、車中 『野生の動物がまるで居ないわね』 とブツブツ言ってます。

朝早くトレッキングしないと無理ですよ。 
サファリパークじゃないんですから・・・。

トレッキングしたくて うずうずしている私は(`Δ´)イライラ。
皆、あなたの為にお休みをとって来ているんですよっ。



『ホテルのお食事、ちっとも美味しくなかったわ』

確かに大したことない朝食バフェでしたけど、それを言うか? ここで言うか?ヽ(メ`皿´)ノ 

ここで降りてくださいっ!
野生動物が見たければ、あなたはヨセミテの熊の餌になってもらいますからっ!٩(๑`н´๑)۶

2016年9月1日木曜日

プチ・マツコの避暑2016 後編

我が家の絶対的権力者である一郎爺の天の声

『30人以上の人を我が家にご招待してはなりません。 が抜けますからっ!』 

はいはい、分かりましたよっ(大ブーイング)

フローリングをやり直した際、土台があちこち弱くなっているのは知ってますとも。(ぼろ屋を呪う)


今年も婆ちゃんを囲んでお集まりいただいた優しい人々




LAの天然息子(婆ちゃんの孫2号)27歳が来て、得意のSushi Rollをばんばん巻いてくれました。
 
皆さん喜んでくださって良かったー。 

彼には今後とも、”寿司の握れるプロデューサー/ディレクター”として活躍してもらいたいものです。




食べきれない沢山のお料理&デザート&ワイン!





今年もプチ・マツコ婆ちゃんは皆さんに本当に良くしていただきました。 

K氏宅ではわざわざ婆ちゃんのためにBBQでジューシーなお肉をたっぷり用意していただき、

Nagiba宅ではエジプト料理他を堪能。 


Kiyoeさんがご出演のRokko Jazz Nightにも繰り出しました。






その他外食は 韓国冷麺、フォー、大流行中のPoke Bowl、寿司、居酒屋、、、。 まあよく食べること!


82歳の誕生日に、孫2号からのプレゼントは【UTOPIA360】 バーチャルリアリティー360度見れるヘッドセット。

スマートフォンにアプリをダウンロードしておき、レンズにハメてヘッドセットをかぶります。
すると、自分の周りはまるで別世界。 バーチャルリアリティーです。 海の中、古代遺跡、絶景スポット、、、次々と仮想現実の世界が自分の周辺に広がります。 

すごい時代になったもんじゃのお、、、爺さんや。 いや、婆さんや。